株価が気になって仕方がありませんでした

一度株を購入すると、その株が今いくらになっているのかが気になってしまい、
常にパソコンから離れられないことが多かったです。

もっとゆったりとした気持ちで、長期的に持ち続けるというくらいの
心の余裕があれば良いのかも知れませんが、私にはそれが出来ず、
パソコンの画面に釘付け状態の日々をずっと送っていました。
日常生活も脅かし、例えばトイレに行くのも我慢する程でした。

取引時間が終了すると、やっとほっと出来るような状態でした。
あまりのめり込み過ぎるのは良くないと思います。
何事もほどほどが一番良い気がします。

もちろんこの作業が職業の人にとっては、一瞬たりとも気が抜けない状態
だと思いますが、私の場合はあくまでも趣味の範囲内ですので、
本業に影響が出ない程度にしなければならないと思います。

それと、株取引には向き不向きもあると思います。
損して得取れくらいの気持ちでないと、向いていないかも知れません。
私は10年くらい前に辞めました。今は心的に穏やかな日常を送っています。