株価が上がっているときの投資法

割安株に投資して、その株式が市場から見直され大きく株価が上がったところで株式を売り抜けることができたのならば、投資資金の何倍ものリターンを得ることができ、その投資は成功した投資になると思います。

しかし、このように株式が大きく値上がるときには、割安株だけではなくほとんどの株式も値段が上がってしまうので、たとえ投資先の株式を売却したときには、その現金を使って新たに投資する投資対象として適当な銘柄を見つけられず、自分が売却した値段よりも高くなっていく株式をただ見ているだけの事態になってしまうかもしれません。

このような事態に陥らないためには、購入した株式が自分がここまでになったら株式を売却しようと決めた値段で株式を売却するのではなく、日経平均株価が上昇して自分の投資先の企業の株価も上がっているときには株式を売却せずに保有し続けることが必要だと思います。

このような投資法では、一番高い株価で株式を売却はできませんが、高くなっていく途中で株式の売却も防げるので、いい投資法ではないかと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>