株式投資を行ううえでの注意点

株式投資を行ううえでの注意点は、上手くいっているときが最も注意点が起こる場合でしょう。

投資が上手くいっている場合、人は有頂天になりがちで、過剰なリスクを負いがちになります。また、ある種の万能感が沸いてきて、そこから急に株価が下落した場合に大きな絶望感を味わうことが多いです。

しかしながら、株価が上下するのは通常のことであり、かのウォーレン・バフェットは株価は年に1度見れば十分だと言っているほどです。
特に株式投資において重要なことは株価の波に気を取られずに、その会社の本質を見抜く目であり、株価の波を気にしない忍耐力であると思われます。

特に株価の波が気になり、微益撤退などを繰り返すのは近視眼的損失回避が働いているからだと言われ、直近の株価の上下に右往左往することが大きな利益を逃してしまいがちになると言われています。

この近視眼的損失回避を避けるには1年程度の時間が必要とも言われており、ウォーレン・バフェットが言うように株価をあまり気にせずにいる人のほうが成績はいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>